TOEICのスコアの目安例

TOEICの結果は0点~990点のスコアで届きます。このスコアにも目安があって、たとえば800点以上とれる力があれば、インターネット上にある英語サイトの内容ですら理解出来る実力者という目安になっています。さすがにここまでのスコアをとるには尋常じゃない勉強量が必要です。会社でインターナショナルな部門を担当している方は、大体最低でも650以上はあった方が良いと言われています。これらのように目安が分かれば目標点を設定しやすくなり、具体的な目標があればそれに沿った準備を無理なく進められます。人によって意識は違うのでこれはあくまで一例として捉えて欲しいですが、最初は目標点を低めに設定して、2回目以降徐々に前回の経験を活かしつつスコアを上げていく方法もあります。これだとあまり無理がかからないので優しい方法だと言えます。

TOEICのスコア式を活用した勉強計画

TOEICはスコア方式なので、合格・不合格の結果では表示されません。スコアが何点かというのを5点刻みで表示してくれます。たとえ英語力があっても、問題を解くスピードが早くなければ結果に繋げられません。実力を発揮するために十分なぐらいに問題を解く訓練をしていないと後悔してしまうので、訓練を怠らないようにして下さい。TOEICのスコアには、どのような人がどれくらいスコアがあれば良いかというある程度の目安があるので、受験する前にその目安をチェックして、目標を達成出来るような学習計画を立てていくと、無理なくスムーズに試験勉強が行えます。どの試験にも言えることとして、前日・当日体調を壊さないように、体調管理にも十分気をつけて過ごしましょう。準備したのに、体調が悪いことで実力を発揮出来ないようにはならないで下さい。

TOEICの配点、スコア、目標設定

TOEICの配点は、リスニング、リーディング共に495点の計990点満点の構成です。もし分からない問題があってもいずれかにマークした方が良いです。大事なのは最後まで諦めないで解き続けることです。諦めたらそこまでです。受験のメリットは、まず自分の英語力をスコアでアピール出来ることにあり、TOEIC自体の存在は幅広い人達に知られているので、高いスコアを伝えればそれだけでもすごいのが分かります。どこかに転職するため、進学するためにTOEICを受験するのでしたら具体的な目標を持って取り組んだ方が勉強の効率にも影響するので、きちんとした意識で進めることをオススメします。失敗しても次があるという意識を最初から持っていれば、実力を100%発揮するのは難しいです。人は頑張ろうとすればその分成果に繋げていくことが出来ます。

本校は、優秀な講師による研究し尽くされたカリキュラムで、生徒の皆さんのTOEICスコアを大幅アップさせてきた実績があります。 TOEIC指導において全国最優秀校の講師陣が正しい学習法の伝達をし、スコアの保証制度で得点アップへの強力なサポートをいたします。 試験対策といっても、小手先のテクニックではなく、真の英語力の底上げを目指し、その結果としてのスコアの上昇を図ります。 TOEIC受験対策はエッセンスイングリッシュスクール